フロアコーティングで愛犬の粗相をケア

動物を飼っている方におすすめ

床

トイレミスが目立っちゃうペット

しつけても繰り返してしまうトイレのミス。その理由は一度ミスをしてしまった床に匂いが染み付いていることが原因になっているかも知れません。こうした匂いが染み付いてしまう前に、しっかりと床に対する対策を行いましょう。

READ MORE
男性

かけがえのないペットのために

家族の一員でもあるペットをケアするために、床にも気を配っていますか?ペット用のフロアコーティングを行えば、愛犬や愛猫の体を守ることが出来るのです。どのようなフロアコーティングがいいのかを紹介しています。

READ MORE

愛犬の粗相をカバー

床

粗相をごまかすズル賢い愛犬に

犬の中には、室内の分かりにくい場所で粗相をしてしまう場合もあります。こうした場所は発見が遅れて床にシミをつけてしまうことだけでなく、臭いまでその場所についてしまうのでどれだけ綺麗にしてもその場所にもう一度してしまう可能性があるのです。しかし、フロアコーティングを行えば尿を弾きシミを防いでくれますし、臭いを残すこともありません。

継ぎ目の間に汚れを溜めない

フローリングの場合だと木目の間に愛犬の毛が詰まってしまうことが多いです。毛だけでなくフケや爪なども蓄積されていき、こういった汚れが溜まる場所では雑菌も繁殖してしまうのです。フロアコーティングならその継ぎ目をしっかりとコーティングするので汚れが溜まりにくく掃除もしやすくなり、菌の繁殖を防ぐことも出来ます。

ペット特有の匂いを防ぐ

犬や猫は独特な獣臭がすることがあります。必ず臭うわけではありませんが、寝床を床にしている場合はフローリングに匂いが染み付くこともあるでしょう。飼い主はその臭いに慣れていますが、お客を招く場合はそういう訳にもいかないのです。コーティングをしておけばそうした匂いを染みつかせることもなく、お客も臭いを気にしないで済みます。

コーティングで床の傷防止を

穴掘り行動や床を噛じろうとする犬は数多くいます。何度しつけても飼い主が見ていない時にやってしまうこともあるのです。犬種の中には本能的にこうした行動を取ってしまうこともあるので、しつけでは改善しないケースもあります。これを続けていると当然床も傷だらけになってしまうので、早めにフロアコーティングを行いましょう。傷に強い床にしておけば、愛犬と楽しく遊べますね。

カーペットには寄生虫がつく

カーペットなどには、目に見えないダニなどの寄生虫が棲みついてしまう事があります。いかに見た目がおしゃれでも、健康に害を及ぼしてしまうのであれば意味がありません。フロアコーティングを行えば、衛生面を気にすること無くフローリングのままで生活を送っても問題ないのです。

広告募集中