愛するペットのために行うフロアコーティング

動物を飼っている方におすすめ

床

トイレミスが目立っちゃうペット

しつけても繰り返してしまうトイレのミス。その理由は一度ミスをしてしまった床に匂いが染み付いていることが原因になっているかも知れません。こうした匂いが染み付いてしまう前に、しっかりと床に対する対策を行いましょう。

READ MORE
男性

かけがえのないペットのために

家族の一員でもあるペットをケアするために、床にも気を配っていますか?ペット用のフロアコーティングを行えば、愛犬や愛猫の体を守ることが出来るのです。どのようなフロアコーティングがいいのかを紹介しています。

READ MORE

愛するペットのために

男性

弾力性と保温性を持ったコーティング

家の中を元気に走り回るペットは、床の硬さで足を痛めてしまう可能性があります。また、小さな子犬の場合は床冷えを起こしてしまう可能性もあるので弾力性と保温性を持ったコーティングを施すといいでしょう。

よだれやおしっこから床を守る

よだれを垂らしやすい犬種や粗相でおしっこをしてしまう犬などがいますが、こうしたトラブルから床を守る為には撥水性のあるコーティング剤を使ったフロアコーティングがオススメです。

自分で行うよりも業者に依頼

市販でもペット用のフローリングワックスは売っています。しかし、自分で行うと手間も掛かりますし、何度か重ね塗りを行わなければ効果も薄いとされているのです。業者に頼めば手間も掛かりませんし、効果も段違いになります。

小型犬に多い膝蓋骨脱臼を防ぐ

小型犬は意外にも足の関節が弱く、フローリングで走り回ることで膝蓋骨脱臼を起こしてしまうこともあります。ですから、ペット用のフロアコーティングと併せてクッション性の高いマットを使用して怪我防止を行いましょう。

ペット用フロアコーティングの疑問点

ペットが床をよく舐めますが大丈夫ですか?

ペット用のフロアコーティングでは、飼われているペットに無害な素材を使用してコーティングを実行します。そのため飼われているペットが床を舐めたり噛じったりしても体には問題ありません。

定期的に爪切りを行なっていますが床が心配です

床を傷から守るにはフロアコーティングがオススメです。通常のフロアコーティングではペットに害を及ぼしてしまう可能性もあるので、ペット用のフロアコーティングを行いましょう。健康に影響もなく、ひっかき傷から床も守れるので良い方法と言えます。

フロアコーティングは長持ちしますか?

生活レベルによって異なりますが、基本的には一回の施工で1年は持ちます。効果が完全に無くなる前にもう一度フロアコーティングを行うことで以前より効果が増す場合もあります。

コーティングに掛かる時間を教えてください

コーティングの種類にもよりますが、一般的な施工だと3時間から4時間ほどになります。床の強度を高めるコーティングの場合では8時間ほど掛かる可能性もあるので、時間の都合に沿って依頼しましょう。

何か準備が必要なことってありますか?

コーティングを乾かす際や施工に水道や電気を使用する場合があります。しかし、そういった準備が必要な場合は専門業から連絡がくるので、特別心配をする必要はないでしょう。

広告募集中